Skip to main content

中村友紀司法書士事務所

柏市・流山市・我孫子市ほかで相続・抵当権抹消・贈与・財産分与・名義変更・定款の作成認証・会社設立・一般社団法人設立・債務整理(任意整理・過払金返還・破産・個人再生)・遺言書作成・検認等の相談

ホーム
不動産登記
商業登記
債務整理関連
任意整理・過払金返還
自己破産
個人再生
民事法律扶助(法テラス)
生活保護のご案内
相続放棄
遺言書
趣味と業務のブログ
リンク
司法書士・事務所案内
お問い合わせ
サイトマップ
債務整理関連

 
債務整理(借金の整理)とは、現状のままでは借金返済が困難になってしまう方、あるいは困難になってしまった方が、法律の力を借りて借金を減らしたり、返しやすくするための手続き(整理方法)のことです。
 
 
司法書士が債務整理を受任し、各貸金業者等に受任通知を送付すると、その後は司法書士と各貸金業者等との間で交渉することとなり、ご相談者への取立ては停止いたします。
 
 
各手続の情報は、こちらよりお進みください。
 
任意整理(過払金返還手続を含む)                                    詳しくはこちら        
 
 
自己破産                                                    詳しくはこちら        
 
個人再生                                                    詳しくはこちら          

 

民事法律扶助(法テラス)                                           詳しくはこちら        


 

生活保護のご案内                                                         詳しくはこちら        


 

 

 ※ お金を借りたいのに借りられないようになる?

 

平成22年6月18日から改正貸金業法が完全施行されました。

 

主な改正点として挙げられるのが総量規制の導入です。

 

多重債務者に苦しむ人々が生まれる原因として過剰貸付が指摘され続けてきたところ、今回の改正で、貸付額の上限を年収の3分の1までとすることになりました。

 

また、専業主婦(夫)への貸付は夫(妻)の同意書や年収証明書を提出しなければ認められないことになります。

 

大手消費者金融の多くは、こうした手続の煩雑さやコストを考慮して、専業主婦(夫)への貸付を中止することになるようです。

 

 

以上のとおり、今後はお金を借りたいのに借りられないという人が増えることになりそうです。

 

そこで対応策として債務整理手続に着手することを考えてみてはどうでしょうか?

 

債務整理手続をし、更に、支出を収入の範囲内に収められるような生活習慣を身につけられることができれば、今後はお金を借りることなく生活していくことができるようになるはずです。

 

 

また、昨今の不況の影響で、収入だけでは生活できないという方も増えているでしょう。

 

そういう方々は、セーフティーネット制度を利用しつつ生活の再建を計っていくべきかと思います。

 

 

それと、ヤミ金や貸金業法を潜脱するような商行為には手を出さないことです。

 

貸金業法を潜脱する商行為として、ビー玉をクレジットで10万円で購入させ、そのビー玉を7万円で買い取るというようなケースが報告されています。

 

確かに現金7万円が手に入るので、とりあえず急場は凌げますが、10万円の債務が残ることになります。

 

苦しみはより増すだけで、その苦しみから逃れられるということには決してなりません。

 


                               業務エリア

 

【千葉県】柏市・流山市・我孫子市・野田市・松戸市・鎌ヶ谷市・船橋市・白井市・印西市ほか

 

【埼玉県】春日部市・吉川市・松伏町・三郷市・八潮市ほか

 

【茨城県】取手市・守谷市・牛久市・龍ヶ崎市(竜ヶ崎市)・つくば市・つくばみらい市・常総市・北相馬郡・利根町ほか