Skip to main content

中村友紀司法書士事務所

柏市・流山市・我孫子市ほかで相続・抵当権抹消・贈与・財産分与・名義変更・定款の作成認証・会社設立・一般社団法人設立・債務整理(任意整理・過払金返還・破産・個人再生)・遺言書作成・検認等の相談

ホーム
不動産登記
商業登記
債務整理関連
相続放棄
遺言書
趣味と業務のブログ
平成25年3月~
平成24年9月~
平成24年7月~
平成24年5月~
平成24年3月~
平成24年1月~
平成23年11月~
平成23年9月~
平成23年7月~
平成23年3月~
平成22年12月~
平成22年9月~
平成22年6月~
平成22年1月~
平成21年9月~
平成21年6月~
リンク
司法書士・事務所案内
お問い合わせ
サイトマップ
趣味と業務のブログ 平成22年9月~11月
  
 
11月30日(火) アンケート結果                                              
 
千葉司法書士会の法教育推進委員会があり、来年のスケジュール等について話し合いました。
 
また、私が今月1日に講師を担当した消費者教育高校生講座のアンケート結果が集計されていました。
 
それによると、一定割合の生徒の皆様にとっては少々内容が難しかったようです。
 
知らず知らずに高校生には理解できないような専門用語を使っていたりしたのかもしれません。
 
今一度、講義内容を検証する必要がありますね。
 
一方で、先方の担当教師の方から届いた礼状には、「また来年も中村先生にお願いしたい」というような一文が添えられていたそうです。
 
社交辞令かも知れませんが、とっても嬉しく思います。
 
 
11月27日(土) 目標                                                         
 
千葉司法書士会の本会研修に参加。
 
テーマは「簡易裁判所での民事訴訟実務」と「破産・個人再生手続きの裁判所から見たチェックポイント」でした。
 
地裁判事・簡裁判事・地裁主任書記官をお招きし、貴重なお話を頂きました。
 
 
研修が終わり帰宅後、ジョギングをしようかと思ったのですが、熱っぽいので断念。
 
代わりに三線をひたすら練習しました。
 
 
三線は多少の上達を実感できるぐらいになってはいますが、はっきり言ってまだまだ指の動きがぎこちないです。
 
そこで来年の1月から始まるNHK文化センター柏教室の「沖縄三線を奏でる」講座を受講することにし、早速申込みをしました。
 
講座が始まるまでには、指をスムーズに動かせるようにしておきたいものです。
 
 
また、話は変わりますが、来年1月16日(日)に柏の葉公園で開催される柏市民新春マラソンの最長種目である10km一般の部に申込みしました。
 
柏の葉公園は家から歩いて行けるし、参加料も1,500円と安いし、ありがたい大会です。
 
こちらの目標は45分以内で完走することです。
 
現状では、ちょっと厳しいかも知れません。
 
走る機会を増やして、何とか目標達成といきたいものです。
 
 
11月21日(日) 生活保護110番                                                    
 
全国青年司法書士協議会主催の生活保護110番が開催されました。
 
私が入会している千葉青年司法書士協議会は、千葉県内からの電話相談を担当することになり、私も相談員として参加しました。
 
電話は鳴りっぱなしで、千葉会場だけでも4時間で25件以上の相談がありました。
 
不景気の深刻さを実感します。       
 
 
11月20日(土) むすんでひらいて                                                
 
昨日から始めた三線は、早くも「むすんでひらいて」を練習するようになりました。
 
もちろん演奏と言えるようなものではありません。
 
まあ、コツコツと練習して、いずれはBIGINの「オジー自慢のオリオンビール」と「パーマ屋ゆんた」を唄って弾けるようになりたいです。
 
将来、柏駅のロータリーで演奏してるなんてことも有るかも知れませんよ。
 
 
11月19日(金) 三線始めました                                                             
 
三線始めました。
 
同期合格の仲間でバンドを結成することになり、ギターとベースとドラムの担当が既に決まっていたので、私は三線でも担当しようかなと思いましてね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレキ三線
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは、「合乙老四上中尺工(ドレミファソラシド)」と「工尺中上四老乙合(ドシラソファミレド)」ひたすら繰り返して弾いています。
 
これだけでも難儀です。指がうまく動きません。
 
 
11月18日(木) 消費者法部会                                                    
 
千葉司法書士会の消費者法部会に参加。
 
武富士問題を中心にあれこれ勉強しました。
 
 
11月10日(水) 合格証書授与式、多重債務対策会議の定例会                                 
 
平成22年度司法書士試験合格証書授与式が千葉地方法務局にて開催されました。
 
授与式の後に、私が幹事を務める千葉青年司法書士協議会を合格者の皆様にPRする時間を頂けたので、私もPRに参加してきました。
 
更に千葉青司協では、合格者の皆様が連絡先を交換できる場を提供するために、お茶会を企画しました。
 
40人近くの合格者の方が参加して下さり、また、概ね好評だったので、企画した甲斐があったと思います。
 
 
その後、お腹がすいたので昼食を食べに行こうという事になったのですが、食事をする場所を探している間に千葉青司協の役員は一人二人と帰ってしまいます。
 
気付いたら役員は私一人になっていて、20数名の平成22年度合格者の方々に私一人が混じって食事をしたのでした。
 
ひょっとしたら邪魔者だったかも知れません、ごめんなさい。
 
 
夜には、弁護士・司法書士の有志による任意団体の千葉県多重債務対策会議の定例会に参加。
 
社会福祉協議会の方をお招きし、生活福祉資金の貸付制度について講義して頂きました。
 
任意整理・破産・個人再生等の債務整理手続をしても、失業や収入が低い等の理由により生活が依然として苦しいという方々がいらっしゃいます。
 
そうした方々に対しては、生活保護制度だったり、生活福祉資金の貸付制度の紹介・説明をすることも必要なことだと思います。
 
そのためには知識が必要です。
 
 
11月8日(月) 民法改正勉強会                                                 
 
夜、千葉青年司法書士協議会の民法改正勉強会に参加しました。
 
 
11月7日(日) 楽しく運動するために                                                            
 
来年で35歳になります。
 
最近、太りやすくなりました。
 
このまま年齢と共にズルズルと太っていくのか、はたまた、抗って現在の体型を維持するのか、そうした岐路に立たされているようです。
 
私は抗って現在の体型を維持したいと思っています。
 
ただし、食事の量を制限したり大好きな甘い物を控えたりすることはしたくありません。
 
そこで運動の機会および量を増やして体型維持に繋げたいと思います。
 
また、私は楽しく運動を続けていくためには「数値」を楽しむことが肝要だと思います。
 
 
例えばサイクリングであれば、サイクルメーターにより、走行中は「時速」が分かるので、もっと速く走りたいと欲が出ますし、走行後は「走行距離」、「消費カロリー」が分かるので、もっと長い距離を走りたいと欲が出ます。
 
自然と、もっと走りたいと思うようになるのですね。
 
 
ところで最近、気温が低くなるのに反比例するかのように、ジョギング熱が高まってきています。
 
本日、ジョギングをもっとより楽しむために万歩計を買ってきました。
 
なかなかの高性能な万歩計で、時間、距離、消費カロリー、平均速度、歩数、脂肪燃焼量が分かります。
 
早速、体重や歩幅等を入力し、夕方から柏の葉公園をのんびりと4周走ってきました。
 
自宅から柏の葉公園までの移動を含めた数値は下記のとおりでした。
 
時間・・・1時間41分
距離・・・13.2km
消費カロリー・・・1098㌔カロリー
平均時速・・・7.7km/h
歩数・・・16662歩
脂肪燃焼量・・・88.0g
 
数値は正確なものではなく、あくまで目安だとは思いますが、思ったよりも脂肪は燃焼しないのですね。
 
当分は余り無理をせず、しばらくしたら少しずつ時間と距離を伸ばして行きたいです。
 
ただ、なかなか走る時間が無いんですよね。
 
 
11月6日(土) 悪くない一日                                                     
 
昼食後、サイクリングに出発。
 
まずは、なじみの自転車屋さんに行って、タイヤを買い替えました。
 
これでしばらくはパンクの心配も無さそうです。
 
3時間ほど掛けて、関宿城まで行ってきました。
 
走行距離は66.98kmで、消費カロリーは1009.2㌔カロリーでした。
 
 
夜の7時からは千葉青年司法書士協議会の野球チームの練習に参加。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千葉市中央区の新宿中学校にて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先月の練習日以降、球威不足を解消するために下半身を意識したピッチングフォームでシャドーピッチングを繰り返してきたのですが、今度はコントロールが悪くなってしまいました。
 
なかなかうまくいかず、もどかしいものです。
 
2時間ほど練習。
 
 
練習後は同期合格者の飲み会に遅れて合流。
 
飲み会をした店では日本シリーズが放映されていて、それを見ながら同期合格者との親睦を深めました。
 
今度、バンドを結成しようと話が持ち上がっていて、既にギター、ベース、ドラムは決まっており、私に「ボーカルをやれ」と言います。
 
しかし私はヒドイ音痴なのでボーカルだけはお断りです。
 
アコースティックギターか三線あたりを始めてみようかと思います。
 
 
日本シリーズが延長15回に突入したところで、お開きに。
 
せっかくなので延長15回も見たかったのですが、終電の時間となっては仕方がありません。
 
まあ、いろいろと忙しかったのですが悪くない一日だったかと。
 
 
11月3日(水) 久しぶりのサイクリング                                          
 
祝日。
 
ツールドちば2010以来のサイクリングです。
 
いつものとおり、利根川の土手のサイクリングロードの「海から101km地点」まで行き、「海から121km地点」にある関宿城まで20kmのタイムトライアルを決行。
 
しかし、向かい風が強く思うようにスピードも出ず、途中で筑波山の写真と撮るために立ち止まったりしたので、タイムは1時間7分12秒とヒドイものでした。
 
平均時速は17.8km/hで、全く冴えません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
利根川土手から望む筑波山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関宿城で5分程休憩。
 
同じく休憩をする女性の姿がよく目に付きます。
 
最近、ダイエットや健康維持のために、女性の間で自転車が注目されているようです。
 
 
休憩後、来た道を戻る感じで20kmのタイムトライアルを再度決行。
 
今度は追い風なのでビュンビュンとスピードも上がります。
 
タイムは33分51秒で、平均時速は35.4km/hでした。
 
 
タイムトライアル後、利根運河のサイクリングロードを走っていると、市立柏高校の野球グランドで試合をしていたので、7回裏から見学。
 
さすがは高校球児、我々の草野球チームとはレベルが違います。
 
対戦チームはよく分かりませんが、3-0で市立柏高校が勝ちました。
 
 
軽めに3時間半ほど走り、サイクルメーターによると走行距離は78.48kmで、消費カロリーは1424.3㌔カロリーでした。
 
ロードバイクだと長距離を走っても余り疲れないので、運動が苦手な人にとってはオススメです。
 
 
11月1日(月) 消費者教育高校生講座・講師                                              
 
私が委員を務める法教育推進委員会の活動の一環で、佐倉市内の高校に訪問し、消費者教育高校生講座の講師をしてきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
駅前にあった素敵なモニュメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3年生を対象に、契約の基礎知識から悪質商法の事例及びその対処法をメインにした講義です。
 
あと、キャッシングやクレジットの計画的な利用を呼びかけたり、もし困ったことが生じた場合は一人で抱え込まずに相談をしましょうと話をしました。
 
来春、社会に出る3年生にとって少しでも役に立ってくれれば良いのですが。                 
 
 
10月30日(土) 開業フォーラム                                                 
 
全国青年司法書士協議会主催の開業フォーラムが四ツ谷にて開催されました。
 
開業フォーラムとは司法書士有資格者・合格者・受験生を対象に司法書士として開業していただくためのフォーラムで、司法書士の役割や業務内容といった開業に役立つ情報満載のフォーラムです。
 
千葉青年司法書士協議会からも何名かお手伝いを動員する必要があったため、私も参加しました。
 
台風が近づいていることもあり出発する前は億劫でしたが、平成22年度の合格者の方々と親睦を深めることもでき、さぼらずに参加して良かったかなと。
 
懇親会が終了した午後8時に外に出ると、すっかり雨も止んでいましたね。
 
 
10月28日(木) ドラフト会議                                                     
 
急に寒くなりました。
 
極度の寒がりの私としては憂鬱になります。
 
 
午後からは、消費者教育高校生講座のために白井市内の高校に行ってきました。
 
高校生に「契約の基礎知識」や「悪質商法の事例および対処法」等を学んで頂きます。
 
今日は単なる同行者でしたが、来週月曜日には講師として講座を担当します。
 
今から緊張してます。
 
 
あと、プロ野球のドラフト会議がありました。
 
抽選が続いて、とても面白かったですね。
 
もし私がプロ野球のチームから指名されたら喜んで入団します(ただし横浜を除く)。
 
横浜ベイスターズは一体どうなってしまうのでしょうか?心配です。
 
 
10月25日(月) ライブ・アット・グリークシアター1979                                  
 
Amazonで注文していたYMOのCD 『ライブ・アット・グリークシアター1979』が届きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最高
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近、ポッキーのCMでYMOの『RYDEEN』をよく耳にし懐かしくなり、YouTubeでYMOの映像を色々と見ていました。
 
そのうちのひとつである、1979年にロサンゼルスのグリークシアター(Greek Theater)で行われたライブの映像が余りにも格好良いので、思わずCDを購入してしまったのです。
 
中古品と言えども廃版なので5,800円もし、購入するか迷いましたが、やっぱりCDを聴くと購入して良かったと思います。
 
帯に醤油らしきシミがありますが、CD本体には傷ひとつ無く、品質も最高です。
 
 
ところで、私が購入した5800円以外にも6,000円台や7,000円台で出品されていたというのに、全て購入されてしまったのでしょうか、本日19時時点のAmazonでの最安値のものは9,500円でした。
 
購入の決断が遅れていれば、3,000円以上高くなるところでしたね。
 
 
10月24日(日) 無料法律相談会 in 銚子                                            
 
無料法律相談会の当日。
 
銚子電鉄のご協力により、会場は犬吠駅の駅舎2階です。
 
犬吠駅は第一回関東の駅百選選定駅だそうです。
 
 
相談会は10時から16時までの6時間開催されました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
屏風ヶ浦
 
 
 
 
 
 
 
 
十数人の弁護士・司法書士が相談員として参加。
 
私も数名の方の相談を受けました。
 
 
10月23日(土) 銚子へ                                                      
 
多重債務問題・福祉行政問題の解決を目的に、県内の弁護士・司法書士の有志数十名により組織される千葉県多重債務対策会議に私は入会しております。
 
その千葉県多重債務対策会が主催する無料法律相談会が24日に銚子市・犬吠駅で開催されるため、この日は銚子で前泊することに。
 
仕事を終えた午後1時過ぎに、柏を出発。
 
 
銚子は自転車でなら何回も行ったことがあるのですが、電車では初めてです。
 
JR銚子駅に着き、銚子電鉄に乗り換えるために、JR銚子駅の外に出て銚子電鉄の駅を探すのですが、案内もなく銚子電鉄の駅が見当たりません。
 
一向に見つからないので、交番で尋ねてみると、「JRの駅構内の2・3番線ホームの先にありますよ」との回答。
 
JRの駅に戻ることに。
 
しかし、今度は切符をどうして良いのか分かりません。
 
果たしてPASMOで入って良いものか?
 
色々と探ってみると、銚子電鉄の切符もJRの券売機で買うことが判明したので、JRの券売機で銚子電鉄の切符を購入し、JRの駅構内に。
 
確かに2・3番線ホームの先に銚子電鉄用のホームがありました。
 
初めて訪れる者にとっては、ハードルの高い乗り換えです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 犬吠駅にて
 
 
 
 
 
 
 
 
成田駅で乗り換えのために50分ほど待ったこともあり、3時間30分ほど掛けて、やっと犬吠駅に到着です。
 
ひどく疲れました。
 
自転車なら6~7時間ほど掛かると思いますが、自転車での移動の方がよっぽど楽です。
 
道中ずっと楽しいからね。
 
 
宿に着いたら、温泉に入って疲れを癒します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 宿の部屋から望む銚子の海
 
 
 
 
 
 
 
 
夜には懇親会に参加。
 
食べ過ぎて腹を壊しました。 
 
 
10月18日(月) 民法改正勉強会                                                  
 
千葉青年司法書士協議会の民法改正勉強会に参加。
 
弁済、相殺、更改等の論点を検証しました。
 
 
10月16日(土) 球威不足                                                      
 
千葉司法書士会・相談センターの相談員の当番だったので、10時から14時まで松戸での相談会を担当しました。
 
昼の休憩では、久しぶりに吉野家で牛丼を食べました。
 
吉野家の牛丼の味が落ちたとネットによく書き込まれていますが、実際に食べてみたところ味が落ちたとは感じませんでした。
 
あるいは私の味覚が落ちたのでしょうか。
 
 
昼食後、ブックオフがあったので、本でも買おうと立ち寄ることに。
 
たまたま、元「将棋世界」編集長の大崎善生氏のコーナーが目に付いたので、「聖の青春」を購入。
 
幼少期にネフローゼを患い、29歳の時に順位戦A級リーグに在籍したまま進行性膀胱癌で亡くなった村山聖九段の生涯を追った小説です。
 
 
夜からは千葉青年司法書士協議会の野球チームの練習に参加しました。
 
今回で2度目の練習です。
 
 
 
 
 
 
 
 
千葉市稲毛区の稲毛中学校にて
 
 
 
 
 
 
 
 
前回の練習後から自主的にシャドーピッチングを繰り返していた成果か、ピッチングフォームが安定し、この日の練習ではバッティングピッチャーを任されるほどにコントロールが向上しておりました。
 
コントロールに関してはチームで一番かも知れません。
 
ただし、いかんせん球威が不足しているようで、いわゆる打ちごろのボールです。
 
野球経験者のキャッチャーからは「スナップ利かせて!」、「体重を乗せて!」と叱咤されます。
 
ここ1年で5kg強も太ってしまったというのに、その体重をボールに乗せられなくてはもったいない限りです。
 
たっぷりと2時間練習。
 
練習後はスーパー銭湯で汗を流し、食事をして解散。
 
最高の一日でした。
 
中村の青春。
 
 
10月12日(火) ツールドちば2010・翌日                                          
 
10時に宿を出発し、すずピーとはここでお別れ。
 
タケちゃんとも横芝駅近くでお別れ。
 
芝山はにわ道を北上し、途中で佐倉方面に進路を変え、印旛沼のサイクリングロードを走り、国道16号に着いたら、後は国道16号を北上するルートを通って帰宅。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芝山はにわ道のはにわ像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
同上
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
走行距離は82.02kmで、消費カロリーは1064.6㌔カロリーでした。
 
また、5日間での走行距離は588.61kmで、消費カロリーは9508.5㌔カロリーでした。
 
 
家に着いて真っ先に体重を計ったのですが、体重は66.8kgで出発前に比べてぴったし2kg増です。
 
こんだけ運動して太るという事は食べ過ぎなんでしょうね。
 
 
10月11日(月) ツールドちば2010・3日目                                             
 
ちくら・潮風王国をスタートし、鴨川までは海岸沿いを走り、亀山、大多喜の山岳地帯を抜け、睦沢の田園地帯を走り、ゴールの蓮沼海浜公園を目指します。
 
最高標高地点は216mであり、更にもう一つ標高約200mもある山があり、二つの山を越えることになる118kmのコースです。
 
とりあえず、二つ持参していたタイヤのチューブを使い果たしてしまったので、チューブを購入することに。
 
念には念を押して二つ購入して、スタート。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スタート前の風景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第一休憩地点の鴨川市立西条小学校までは平坦なコースなので、気持ちよく走れました。少し物足りないぐらいです。
 
西条小学校から第二休憩地点の亀山湖までは約15kmはほとんど上りです。
 
上りと言っても緩やかな上りが続くので、それ程きつくはないというのが昨年の印象です。
 
しかし、坂を上り始めてしばらくすると、「おかしいなあ」、「こんなにきつかったっけなあ」と思い始めることに。
 
昨年感じた2日目の上りに比べれば3日目の上りは楽だという記憶が、3日目の上り自体が楽だとの勘違いを起こしてしまっていたのかも知れません。
 
3日目の上りも間違いなくキツイです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
亀山湖にて休憩
 
 
 
 
 
 
 
 
散々苦しめられた上りも終わり、以降は下りと平坦なコースです。
 
下りの途中に昼食会場となるB&G海洋センターがあります。
 
ちょうど同じ敷地内の野球場で高校生が野球の試合をしていたので、それを見学しながらの昼食となりました。
 
当然の事ですが高校球児は野球が上手いですね。あこがれてしまいます。
 
 
昼食と取り終えると残りは50kmを残すところです。
 
ほぼ平坦なコースなので、気分良く走れます。
 
ゴールが近付くにつれて「もう終わってしまうのか」と、寂しさが募ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴールゲート
 
 
 
 
 
 
 
 
二度のパンクがありましたが、今年も無事に完走することができました。
 
達成感と寂しさが込み上げて、なんとも言えない気持ちになります。
 
来年も、この気持ちを味わいたくて参加することになるのでしょうね。
 
 
ところで今年はツールドちばの余韻に浸りたいということもあり、この日もすずピーとタケちゃんと一泊することにしました。
 
8日に行った料理屋に夕食を食べに再び行き、今度は和風ポークソテー定食を注文したのですが、小鉢に入ったナポリタンは付いてきませんでした。
 
アジのたたき丼にはナポリタンが付いてきて、和風ポークソテー定食にはナポリタンが付いてきません。
 
どういった基準でナポリタンを付ける判断をしているのでしょうかね。
 
 
総走行距離は138.37kmで、消費カロリーは2564.2㌔カロリーでした。
 
 
10月10日(日) ツールドちば2010・2日目                                                                                                
 
白子荘をスタートし、九十九里浜を南下し、いすみ、大多喜、養老と丘陵地帯を抜け、再び鴨川から海岸沿いを南房総市のちくら・潮風王国まで目指します。
 
最高標高地点は208mで、第一休憩地点である大多喜町立大多喜小学校から養老を抜けて昼食会場である内浦山県民の森までの上り坂がとにかくキツイ110kmのコースです。
 
しかも、雨は前日よりも強くなっています。
 
私はカッパを用意しておりませんでした。
 
というのも、カッパを着て走れば空気の抵抗を受けて走りづらいと考えていたというのもあるし、多少濡れたって自転車で走っていれば関係ないと考えていたからです。
 
他の参加者も同じような考えでカッパなんか着ないものだと思っていたら、ほとんどの人がカッパを着ておりました。
 
着ていないのは30人に1人ぐらいでしょうか。
 
これぐらいの雨の日は、風の抵抗による走りづらさよりも、雨に濡れて体温が下がらないことを重視しカッパを着るもんなんだねって感心するとともに、低体温症で倒れるのではと不安になってきます。
 
 
更にもう一つ不安な点があり、前日に続き、またパンクをするのではという不安です。
 
タイヤは1年以上前に交換したもので、だいぶ擦り減っているし、ふんづけた石が刺さったことにより何箇所かひび割れが出来ていました。
 
そのひび割れた箇所で石を踏み、石がひびを抜けてチューブまで達してしまうとパンクしてしまうのです。
 
前々からタイヤの交換時だとは思っており、次にパンクしたら交換しようと考えていたのですが、そのパンクがよりによってツールドちば本番に起きてしまうとは運が悪いものです。
 
そんなわけで、低体温症の不安とパンクの不安を抱えてのスタートとなりました。
 
しかも不安を抱えているというのに平均時速25kmグループでスタートです。
 
正直なところ平均時速20kmグループは物足りませんのでね。
 
 
あいかわらず雨足は強いのですが、走り始めると体温は上昇し寒さも気にならなくなりました。
 
あとはパンクをしないように気を付けて走れば良いことになります。
 
もちろん滑らないように走ることが一番の注意事項ではあります。
 
 
大多喜小学校に到着し、わずかな時間の休憩を取り、いよいよ地獄の坂を上っていくことになります。
 
この日は雨のため下り坂ではスピードが出過ぎると危険なので、常にブレーキを掛ける必要があります。
 
通常なら下りで勢いを付けて、上り坂を駆け上がるのに、この日はそれができません。
 
従って、上り坂がよりきつくなるということです。
  
しかし、きつかったものの余力を残して昼食会場である内浦山県民の森までたどり着くことができました。
 
昨年は途中で完全にスタミナ切れしてしまい、フラフラな状態でたどり着いたので以外な気がします。
 
昨年よりも5kg分増量された体脂肪がスタミナ切れを回避してくれたのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
内浦山県民の森
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昼食を取っていると体が冷えてきて、改めて寒さを実感します。
 
休憩し体力を回復させることも大切なのですが、じっとしているととにかく寒いので、昼食を取り終えるとすぐにスタートすることにしました。
 
内浦山県民の森からは一気に下り、後は鴨川市と南房総市の海岸沿いのほぼ平坦なコースなので、あっという間にゴールです。
 
不安だったパンクをすることもなく無事にゴール出来ました。
 
1日目に続き、昨年に比べて疲労感がなく1年の成長を実感することができます。
 
 
ゴール後は、宿泊することになる宿に一旦移動し、荷物を預けてから、コンビニに食料の買い出しに行くことに。
 
そして、そのコンビニに行く途中、今度は後輪がパンクしました。
 
どうやら本当にタイヤの寿命は尽きかけているようです。
 
結局、3日目もパンクの不安をより強く抱えて走ることになってしまいました。
 
 
総走行距離は123.08kmで、消費カロリーは2065.8㌔カロリーでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
宿から見えた夕焼け
隣の家が邪魔だけど雲がきれいです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10月9日(土) ツールドちば2010・1日目                                             
 
1日目。
 
あいにくの小雨が降り、気温も低い。
 
コースは蓮沼海浜公園からスタートし、九十九里浜に平行する内陸の県道を走り、銚子を折り返し、海岸線を南下し白子町の白子荘がゴールです。
 
最高標高地点は57mで、平坦で走りやすい119kmのコースです。
 
蓮沼海浜公園で同期合格者のすずピーと合流し、昨年に引き続き同じメンバーでの参加となりました。
 
 
ところで、ツールドちばは順位を競うレースではありません。
 
参加者は平均時速25km、20km、15kmの3つのグループにまず分かれ、更に約50人程度のグループに分かれて完走を目指します。
 
もちろんグループのスピードが物足りなければ先を行けば良いし、スピードに付いていけなければ脱落することも許されます。
 
 
各グループには指導員さんが付き、先頭を走り、風よけをしてくるので、指導員さんの後を一列で走る参加者としては楽に走ることができます。
 
平均時速25kmグループでも平地では時速33~35kmで走ります。
 
昨年は平均時速25kmグループで走ったのですが、小雨が降る中で33~35kmで走るのは怖いという理由で今年は平均時速20kmグループで走ることにしました。
 
平均時速25kmグループの最初のグループがAグループとされ、後は順番にアルファベットをグループ名として付けられます。
 
我々3人は平均時速20kmグループの真ん中あたりのRグループに割り振られてスタートしました。
 
 
気温の低さも走りだすと体が温まり、気になりません。
 
小雨が降るのでマンホールの蓋などですべらないように気を付ける必要はありますが、それ以外は気持ちよく走すことができます。
 
しかし、第一休憩地点である旭市矢指小学校から少し走ったところで自転車の前輪がパンクしてしまいました。
 
前輪を外し、チューブを予備のものと交換し、空気を入れて、再び前輪を自転車本体に装着すれば良いのですが、パンク自体が一年以上振りのことなので、手順を思い出しながらの作業となりました。
 
20~25分ほど掛かってしまし、レースに復活したときにはWグループまで落ちていました。
 
 
先を行くすずピーとタケちゃんの2人に追いつくために、スピードを上げ、参加者をガンガン抜き去り、第二休憩地点である君ヶ浜しおさい公園に着いたときにはSグループにまで上げることができました。
 
しかし休憩地点で待ってくれているものと思っていた2人は見つからず、ろくに休憩も取らずに悲しい気持ちのままで出発。
 
昼食会場の刑部岬で2人に合流することが出来たのですが、2人はRチームから位置を上げPグループで走っていたとの事です。
 
待ったくれていなかったどころか、先のグループで走るなんて、悲しみは深まるばかりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
刑部岬から見える風景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昼食後は何事も無くスイスイ走り、あっさりとゴールしました。
 
昨年に比べると明らかに疲労度はありません。
 
昨年は使用していなかったビンディングペダルの効果と日頃の練習の成果と思われます。
 
総走行距離は136.03kmで、消費カロリーは2246.5㌔カロリーでした。
 
 
10月8日(金) ツールドちば2010・前日、バッタの世界                                               
 
私にとっては年間最大行事でもあるツールドちば2010の開催が、いよいよ翌日となりました。
 
スタート地点が山武市の蓮沼海浜公園であり、スタート時間も早朝なので、この日は前泊です。
 
もちろん、前泊する宿までの移動は自転車です。
 
とりあえず茨城県の取手市まで行き、そこからは利根川沿いのサイクリングロードを成田市まで走り、あとは南に向け国道408号、県道62号(芝山はにわ道)を走って行きました。
 
千葉県側の利根川沿いのサイクリングロードは途中で途切れてしまうので、わざわざ茨城県に渡るのです。
 
銚子市から野田市関宿まで整備されることを夢見ております。
 
整備されたら季節ごとに銚子に遊びに行くのにね。
 
 
ところでこの季節、利根川沿いのサイクリングロード上にはバッタとトンボがたくさんおりました。
 
踏んでしまわぬよう慎重に走るのですが、私の自転車の存在を察知するとバッタとトンボは一斉に飛び立ちます。
 
なかには交尾中のバッタがいて、そのうちの一組は上に乗っていたバッタだけが飛び立ってしまい、下のバッタが置き去りにされてしまうということがありました。
 
バッタの世界でもこういう事があるのですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芝山はにわ道のはにわ像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重い荷物を背負っての走行なのでスピードも出ず、7時間ほど掛かり、なんとか宿に着きました。
 
サイクルメーターによると走行距離は109.11kmで、消費カロリーは1567.4㌔カロリーでした。
 
 
同じく前泊する同期合格者のタケちゃんと近くの料理屋で夕食を取ることにし、その店で注文したアジのたたき丼には小鉢に入ったナポリタンが何故か付いてきました。
 
とても美味しかったのですが、ナポリタンは余計でしたね。
 
 
10月6日(水) 武富士の今後                                                    
 
9月28日に武富士が会社更正手続の申立をしました。
 
申立に至った背景を簡単に説明すると、
①武富士が利用者から法律で定められた以上の利息の支払いを受けていた。
②その払い過ぎていた利息の返還を利用者から請求(以下、過払金返還請求という)されるようになった。
③過払金返還請求が増加し、武富士の財務状況が悪化した。
ということになります。
 
今後、武富士は裁判所の監督の下に、事業の継続しながら再建を図ることになります。
 
武富士の負債は一定の割合により圧縮されることになるので、過払金返還請求をしていた利用者にとっては多大な影響が生じます。
 
 
そこで本日、武富士による債権者説明会が開催されました。
 
私は所用があり参加できなかったのですが、私が入会している千葉青年司法書士協議会の会員数名が説明会に参加しました。
 
ちょうどこの日の夜に千葉青年司法書士協議会のクレサラ勉強会があり、説明会に参加した会員から説明会について、細かいことは省きますが、下記のような報告がありました。
 
①各利用者との取引は利息制限法所定の利率による引き直し計算をし、計算後の残元金を武富士のATM
にて表示する(恐らく過払金が出た場合はマイナス表示をすると思われる)。またコールセンターに問い合わせがあれば、残元金の金額を伝える。
 
②会社更生手続内の債権届出期間中に債権の届出をしなかった債権については失権してしまう。
 
 
これでは過払金が発生していることに気付かずに、過払金返還請求権を失権してしまう利用者が出るのではと懸念されています。
 
 
10月5日(火) 自転車通勤                                                        
 
約1年ぶりに、自転車通勤を復活することにしました。
 
ちょうど1年ぐらい前に、通勤に利用していた折りたたみ自転車の右のペダルが壊れて斜めになり、その状態で乗り続けていたところ、膝を痛めてしまいました。
 
 
膝の痛みがなくなるまでの間と決めて、電車通勤に切り替えたのですが、なんとなく自転車通勤を復活することなく電車通勤を続けていたら、1年間で4~5kg太ってしまったのでした。
 
所有スーツのうちの一着は着れなくなり、他のスーツもピッチピッチ状態です。
 
これ以上太ってはマズイので、自転車通勤の復活を決意したのでした。
 
着れなくなったスーツを再び着られるぐらいまでは痩せたいものです。
 
 
日曜日には自転車屋でペダルを交換してもらい、更に、新たにカゴを取り付けてもらいました。
 
自転車は既に復活済みです。
 
 
 
 
 
 
 
 
片道約6kmを30分ほど掛けて通います
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この自転車なら事務所内で保管できるので、駐輪代も掛かりませんし盗難の恐れもありません。
 
 
10月2日(土) 裁判実務研修                                                    
 
千葉司法書士会の裁判実務研修を受講しました。
 
テーマは「債権執行の実務」、「人身事故(自転車事故を含む)の基礎」でした。
 
 
9月28日(火) 法教育推進委員会                                                
 
千葉司法書士会の法教育推進委員会が開催されました。
 
法教育推進委員会の主な活動としては、県内の高校生を対象とした法教育講座の運営が挙げられます。
 
この日の委員会では、私を含む千葉司法書士会会員が講師として派遣される高校と日程が決まりました。
 
人前で話すことに苦手意識がありますが、がんばりたいと思います。
 
 
9月25日(土) REGISTERS(レジスターズ)発足                                                             
 
私が入会している千葉青年司法書士協議会で野球チームを発足するに至り、初練習日を迎えました。
 
チーム名は「REGISTERS(レジスターズ)」で、日本語訳は「登記をする人達」だそうです。
 
司法書士といったら登記ということでの命名です。
 
私が希望した「CHIBARS(チバーズ)」はあえなく却下でした。
 
ちなみに日本語訳は「千葉県民」です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千葉市緑区の越智中学校にて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キャッチボール、ノック、フリーバッティングをして、あっという間の2時間でした。
 
同業仲間でワイワイやるのはとても楽しいものです。
 
練習後は、みんなでハンバーグを食べて、解散。
 
これではまるで小学生です。
 
 
9月24日(金) 弁護士さんと飲み会                                                    
 
柏の弁護士・司法書士数名で飲み会をしました。
 
 
9月22日(水) 交通事故部会                                                                          
 
千葉司法書士会の交通事故部会がありました。
 
この日の勉強会で、私は対人保険を中心に任意保険についての講義を担当しました。
 
講義を担当することは、書籍を読んだりレジュメ作成したりと何かと大変なのですが、自分の勉強になるので、積極的に引き受けるようにしています。
 
 
9月19日(日) 第39回全青司東京全国研修会                                               
 
全青司の全国研修会がこの日もありましたが、前日に引き続き、体調不良により行けませんでした。
 
研修代が丸損です。
 
 
9月18日(土) 第39回全青司東京全国研修会                                                
 
私が入会している全国青年司法書士協議会の全国研修会が東京ビックサイトで開催されました。
 
私も参加予定で申込みをしていたのですが、体調不良により行けませんでした。
 
急に涼しくなった影響で風邪をひいたようです。
 
 
9月16日(木) 消費者法部会                                                  
 
千葉司法書士会の消費者法部会が開催され、参加しました。
 
任意整理手続において、債権者が将来利息を強硬に請求した場合の対処法などを勉強しました。
 
 
9月14日(火) ロマン長崎                                                      
 
午後1時から3時まで柏市役所の法律相談に行ってきました。
 
この柏市役所の法律相談は、当番制なので千葉司法書士会柏支部の会員であれば年に数回担当します。
 
午後3時、法律相談を終えて事務所に戻ろうとエレベーターに向かったところ、エレベーターの前に「ロマン長崎」と書かれたたすきを掛けた女性がおります。
 
長崎市観光なんたらと書かれた法被を着た中年男性も一緒にいらっしゃるので、長崎市のキャンペーンガールなのだろうと推測すると同時に、何故、長崎市のキャンペーンガールが柏市役所を訪問しているのだろうかと疑問に思います。
 
下りのエレベーターをご一緒することになり、わずかな時間ではありましたが幸せな気分になりました。
 
 
事務所に帰ってグーグルで「ロマン長崎」を検索した結果、長崎市の観光親善大使ということが判明しました。
 
幸せを運ぶ親善大使です。
 
 
9月5日(日) サイクリング                                                        
 
暑さのピークとも言える午後3時からサイクリングに出発。
 
自転車で走っていれば暑さはあまり感じないのですが、やはり、この暑さでは体力の消耗は激しく、熱中症の危険もありますので、遠出せず、軽めに関宿城まで行ってきました。
 
利根川土手のサイクリングロードの「海から101km」地点から「海から121km」地点にある関宿城まで恒例のタイムトライアルを決行。
 
タイムは36分37秒で、平均時速は32.7km/hでした。
 
途中でバテちゃったので、ぱっとしないタイムです。
 
 
関宿城ではグリコの自動販売機のアイスを食べ休憩するのが、お決まりのパターンなのですが、前回来た時にはあった氷菓系のアイスがなくなり、全てアイスクリーム系になっていました。
 
9月に入ったのでアイスの陣容も秋冬仕様に変わったということなのでしょうが、今年に限って言えば、時期尚早な気がします。
 
パインシャーベットが食べたかったのにね。
 
3時間ちょっと走り、サイクルメーターによると走行距離は62.24kmで、消費カロリーは1063.3㌔カロリーでした。
 
サイクリング出発前にプリンを食べ、休憩時にアイスを食べ、夕食後にはシュークリームを食べているようでは、運動しているわりに痩せないのも納得です。
 
 
9月4日(土) 親のしつけ                                                             
 
千葉司法書士会の裁判実務研修が10時から17時までありました。
 
午前中の講義は「建物明渡し・動産執行の実務」、午後の講義は交通事故(物損事故)の基礎及び論点」であり、大変充実した講義でした。
 
 
研修を終えて、帰宅途中、電車に乗っていたところ、母親と小さなお子さんの家族が乗車してきました。
 
その小さなお子さんは「席に座れない」と駄々をこね、床に座り込んでしまいました。
 
すると、母親は「邪魔になるから、はじに座りなさい」と叱り始じめるのです。
 
私は「叱り方間違ってますよ」と心の中で突っ込み、親のしつけが子どもに与える影響について電車に揺られながら考えました。
 
 
ところで、この日は19時からお客さんとの面談がありました。
 
研修には私服にビーチサンダルというラフな格好で参加していたので、研修後に一旦帰宅しスーツに着替えてから事務所に行く予定でした。
 
しかし、どう考えてもギリギリ間に合いません。
 
そこで、私は帰宅せずに事務所に直行し、親にワイシャツとスーツ等一式を事務所に持ってきてもらうことにして何とか面談の時間に間に合わせることができました。
 
 
いつまで経っても親に迷惑ばかり掛けていて、これでは他人のことを言える立場ではありません。
  
電車の床に座り込んだ子どもに対して、「電車の床に座るのはいけないよ」と注意をし、さりげなく席を譲ることが、私の取るべき行動だったのかも知れません。
 
スマートな大人になれるには、もう少し時間が掛かりそうです。
 
  

 
                     業務エリア  
 
【千葉県】柏市・流山市・我孫子市・野田市・松戸市・鎌ヶ谷市・白井市・船橋市・印西市ほか
 
【茨城県】取手市・守谷市・牛久市・龍ヶ崎市(竜ヶ崎市)・つくば市・つくばみらい市・常総市・北相馬郡・利根町ほか
 
【埼玉県】春日部市・吉川市・松伏町・三郷市・八潮市ほか